FASHION   SHOP   

CANDY’s popular staff approaches it by mixing genres and styles from different times

2017.04.27

MATCHA, who has been a CANDY staff for 4 years, created this coordination. The main point of the coordination is setup, and the key words are “pairing up the patterns” and “matching the tone”. The silhouette may look a bit bizarre, but it’s okay. Enjoying the feeling of incorporating silhouettes from different genres and times is the MATCHA

style.PRICE: Baseball Jacket 31,500JPY, Pants 33,000JPY, Parka 30,000JPY, Sun Glasses 18,000JPY, Cap 10,500JPY

CANDYスタッフ歴4年のMATCHAさんが作ってくれたコーデがこちら。コーデのポイントは、セットアップ。そしてキーワードは、「柄を合わせる」と「トーンを合わせる」です。シルエットは奇抜でもOK。いろいろなジャンルやいろいろな時代のシルエットや楽しむフィーリング、というのがMATCHAさん流。



Wearing a sporty sunglass with a hoodie is the current popular style in the streets of Harajuku.

フーディーをかぶって、スポーティーなサングラスと合わせるスタイルは、今、原宿のストリートでも、旬とのことです。




This setup is actually a design of a baseball shirt. “I like how the cloth is weaved to give it a Japanese taste to it” says MATCHA.

このセットアップ、実はベースボールシャツのデザイン。「生地の織りが和テイストなところも気に入っています」とMATCHAさん。


If you want to change the parka inside, why not try this? Christina Paik, who was born in Korea and lives in New York, is a popular fashion street photographer, and with her great senses on fashion, she has created an original brand.
PRICE: Parka 12,000JPY

インナーのパーカを変えるなら、と見せてくれたのがこちら。フォトグラファーながら、そのセンスが人気でブランドを作ってしまった、NY在住で韓国出身のファッション・ストリートフォトグラファーであるクリスティーナ・パクのもの。こうしたまだ日本であまり知られていないエッジなブランドを取り入れるのも、CANDYのこだわりのひとつ。




Using the chain, you can arrange it from the 90’s taste to the current style.
PRICE: Pants 33,000JPY, Wallet Chain 15,000JPY

チェーンを取り入れることで、90年代風を現代テイストにアレンジ。




The back of the jacket can be squeezed. How it puts emphasis on the line of the body makes it a CANDY style coordination.

ちなみにジャケットの後ろ側は、しぼれるようになっています。着こなしのラインを大切にするCANDYらしいコーデになりますね。




If you were to use a similar baseball shirt setup to create a different coordination, what would it be like? We asked MATCHA to show us her idea.
PRICE: Baseball Jacket 31,500JPY, Pants 33,000JPY

同じようなベースボールシャツのセットアップを使って、もう1コーデ作るとしたら? MATCHAさんに考えてもらいました。




“If the setup is black, I would put a bright color inside. If everything is black, it would seem like ‘it’s natural to be cool.’ I would use color itself to give it a different taste” says MATCHA.
PRICE: Shirt 36,000JPY, Studded Bracelet 10,500JPY

「セットアップが黒なら、中には派手な色を入れます。全身黒だと『カッコイイが当たり前』になってしまうから。僕なら外しで色そのものを使います」とMATCHAさん。




This studs will become an accent if you wear it around your wrists.

こちらのスタッズは、手首に巻いて、アクセントに。




CANDY has made renovations on the 1st floor in February, and now has red floors and walls. Within the room with a strong color, it has a simple and cool atmosphere.

赤、といえば、今年2月にリニューアルしたばかりのCANDYの1Fフロアは、赤い床と赤い壁。強い色味の空間の中なのに、ミニマルでクールな雰囲気が漂います。




The location also changed, and is now at the Jinguu-mae area, which is between Sibuya and Harajuku. This brand started at Shinjyuku-nichoume 11 years ago. It has an underground sense, but the will to challenge the time and fashion has not changed.

場所も移転しました。渋谷と原宿のちょうど中間に位置する神宮前エリアです。11年前、新宿2丁目からはじまったこのブランド。アンダーグラウンドの香りがありながら、常に時代とファッションにチャレンジする姿勢には、変わりがありません。




CANDY’s charm is that all 4 staff likes different brands and music. The buyers are not the ones purchasing the items, but the staffs buy items from different brands that they like. Each staff has their own fans, and from there, an EDGY but individualistic fashion is born. MATCHA’s coordination has a lot of the street style in it, and had many points that can be used for both men and women fashion.

CANDYの魅力は、スタッフ4人が全員好きなブランドが違い、好きな音楽も違うところ。また、バイヤーが買い付けをするのでなく、スタッフがそれぞれ好きなブランドを買い付けること。スタッフ一人一人にファンがつき、そこから、個性のある、EDGYなファッションが生まれて行きます。今回の、ストリート感たっぷりのMATCHAさんのコーデ。男性でも女性でも、参考になるポイントがたくさんありましたね。


Editor BB

CANDY
FAKE Bldg.  B1F&1F
6-23-12 Jingumae Shibuya-Ku, Tokyo

―――――――――――
*All prices do not include consumption tax.
※全ての価格は、消費税抜き価格となっております。

Category : FASHION
More About :